本当に身体に良いの?青汁の実態とは

みなさんは、青汁というとどのようなイメージが湧きますか?
ひと昔前の青汁は、罰ゲームなどで飲まされるようなことがよくあったと思います。
そのようなことから、青汁=苦い、飲みにくいというようなイメージが湧くという人は少なくないでしょう。

しかし、現在の青汁は従来のような苦味のきついものは多くありません。

青汁というものは、原材料や製造方法などんより大きく味が変わります。

青汁の効果・効能

みなさんは青汁になにを求めますか?
青汁を飲んで健康状態を改善したいという人がいれば、疲労を回復させたいという目的で飲むという人もいるかもしれません。

しかし、みなさん勘違いしていることがあります。
青汁=薬のようなものだと思い混んでいる人がいるかもしれませんが、青汁というものは、野菜を液体にしたものです。
つまり、青汁を飲むことはシンプルに野菜を食べていることと同じことなのです。

飲み始めたからといって薬のように効果はすぐに出ないということを覚えておいてください。

青汁は野菜と同じで、毎日飲み続けることで徐々に効果は出てくるものなのです。

青汁の3大成分

現在販売されている青汁は、数百種類あるといわれており、それぞれでてくる効果・効能は異なります。

しかし、どのように効果が異なるといわれても、先述のように、青汁というもの自体野菜をとるここと変わらないので、効果は実感しにくいというのが事実です。

そこで、ここでは普通の野菜としてはあまり食べたことがないとおもいます、青汁の3大成分を紹介したいとおもいます。

ケール

青汁=苦いという印象をつくりだしたのが、この野菜です。
ケールは生で食べることは到底できないほどの苦味をもっています。

しかし、身体に良い成分が多く含まれているということから、青汁に含まれるようになったのです。

最近はケールの苦味を抑えた青汁がほとんどなので安心してくださいね。

明日葉

こちらもあまり耳にしたことがない野菜だと思います。
明日葉は、カリウムが豊富に含まれているため、身体に良い効果をたくさんもたらせてくれます。

しかし、味に多少癖があるので、好きな人と嫌いな人が分かれる成分でもあると言えます。

大麦若葉

大麦若葉は、青汁らしい青臭さというものがなく、苦味が嫌いな人にはおすすめな成分です。

青汁を飲んでみよう

最近の青汁は、苦味を抑えたものが多く販売されています。

最近野菜が不足しているという人は是非、青汁を始めてみてはいかがでしょうか。

関連記事

 

作成者: もとこ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です